ネットぐるぐる目が回る

独自ドメインでブログのお引越し。アドセンス収益が思ように出なかったので有料はてなブログから無料Seesaaブログへhttp://www.guruguru.work/その後ちょこっと訳ありでこちらのブログも再開しました。どちらも継続中。独自目線なので?記事もあります。

スポンサーリンク

太陽光発電の買取が終了のアドセンス広告

スポンサーリンク

役立つアドセンス広告。

私の家はソーラーが付いてませんが。。。

新しいお宅にはソーラーパネルが結構ついてますよね。

 

企業が土地などを借りて?ソーラー発電している太陽光発電の買取が終わるのはニュースで聞いて知ってましたが。。。

 

個人のお宅も同じって事に気が付かなくって。。。

 

このアドセンス広告をクリックして知りました。

 

電気の買取って10年間だけなんですね。。。

 

10年でどれくらいソーラーで稼げたのかな?

 

ソーラー設置分くらい稼げたのかな?

 

f:id:parotta:20190803114902j:plain

 

買取が終了しても、他の電気小売り事業者に売ったり、設備を少し変えるのかな?自分の家の電気として使えるので、ソーラー付けた人だけお得になったのでしょうね。。。

 

我が家は古い家だし。。。ソーラー付けるまでないか。。。と思ったのでセールスが来た時にお断りした事があります。

 

 2009年に開始された買取制度は、太陽光発電で作られた電力のうち、
余剰電力が買取対象となる制度です。10年間の買取期間が設定されており、
2019年以降順次、買取期間の満了をむかえることになります。

例えば… 2009年10月以前に売電を開始した方は2019年11月に満了。例えば… 2009年11月に売電を開始した方は2019年11月に満了。例えば… 2012年11月に売電を開始した方は2022年11月に満了。

買取期間満了後の選択肢

買取期間が終了した電源については、法律に基づく電力会社の買取義務はなくなりますが、①自家消費 または ②相対・自由契約で余剰電力を売電することが可能です。

 

個人は自分で消費出来ますが、事業としてやり始めた企業はどうなんでしょうか?

損失が出たりするのかな?

関連株が気になります。

 

f:id:parotta:20190625102001j:plain

 

反対に電気の明細にある「再エネ発電促進賦課金」も全部終了されれば徴収がなくなって、その分電気代が少し安くなるかな?

 

今や道路脇の田んぼがソーラー発電に変化している所が沢山あります。

 

買い取り終了も考えて。。。されているのか・・・・どうか・・・・。

 

これ以上、田んぼなどがソーラー発電になっていく事はなくなったのかな~ってちょっと安心します。

 

今はお米を作る人も減っているからこういうソーラー発電に土地を貸し出し?しているのかもしれませんが。。。

そうなると農協さんに頑張ってもらって、農協でお米を作ってもらう形の田んぼが今以上に増えていくのかな~なんて思います。

田んぼは、田んぼで残って欲しいなんて。。。わがままな話ではありますが。。。そう思います。

スポンサーリンク プライバシーポリシー お問い合わせ