ネットぐるぐる目が回る

複数ブログしております。独自ドメインでブログのお引越し。アドセンス収益が思ように出なかったので有料はてなブログから無料Seesaaブログへhttp://www.guruguru.work/その後ちょこっと訳ありでこちらのブログも再開しました。どちらも継続中。独自目線なので?記事もあります。

スポンサーリンク

「ゾフルーザ、耐性ウイルスの懸念 インフル治療どうする」朝日新聞の記事を読んで

スポンサーリンク

びっくりするようなニュース。。。ゾフルーザ耐性ウィルスって怖い。。。

 

f:id:parotta:20191102203602j:plain

 

薬の効くウイルスと同じくらい感染力があり、症状が重くなる可能性があることが、東京大の研究チームの研究でわかった。

  

 朝日新聞より一部抜粋

抗インフルエンザ薬「ゾフルーザ」が効きにくい耐性ウイルスは、薬の効くウイルスと同じくらい感染力があり、症状が重くなる可能性があることが、東京大の研究チームの研究でわかった。25日付の科学誌「ネイチャーマイクロバイオロジー」に論文を発表した。これまで耐性ウイルスは感染力が弱いとされてきた。専門家は、薬の効かないウイルスが広まる恐れがあるので、耐性ウイルスがでやすい子どもには注意深く使う必要があるとしている。 ゾフルーザ、耐性ウイルスの懸念 インフル治療どうする  河岡義裕・東京大医科学研究所教授らは昨冬、ゾフルーザをのんだ後に耐性ウイルスが検出された患者4人のウイルスと、治療前に採取した耐性が生じていないウイルスを分離。それぞれをハムスターやマウス、フェレットに感染させ、感染力や症状を比べた。  耐性ウイルスは、感染したマウスやハムスターに、耐性の無いウイルスとほぼ同じように体重の減少を引き起こした。また、肺や気管で通常のウイルスと同じように増えた。感染させたフェレットの隣のケージに感染していないフェレットを入れると感染することも確認した。  人工的に作った耐性ウイルスによる実験などではこれまで、感染力は通常のウイルスよりも弱いと報告されていた。

 

朝日新聞より一部抜粋

インフルエンザ治療薬は数種類あり、のみ方も違うタミフルは1日2回、5日間のむ必要があるが、ゾフルーザは1回のめば済む。厚生労働省の資料によると、前回の流行期にはインフルエン患者の4割にあたる推定約427万人に使われた。ところが、この薬が効きにくい耐性ウイルスが現れた。このまま大量に薬を使い続けてよいのか。日本e感染症学会と日本小児科学会は抗インフル薬の使い方について話し合い、10月にそれぞれ提言や指針を発表した。感染症学会の議論をまとめた倉敷中央病院の石田直医師(呼吸器内科)使われ始めたばかりで、科学的データが少ない。そのため、学会内で意見が割れた。

 

 

 

 

耐性ウィルスに、薬で効くウィルスと同じくらい感染力があるって・・・

それって???

発症したら。。。薬が効かないって事??自力で治せに近いのかな・・・。

 

ちょこっと前にニュースになってたこれは~~~もうないだろう。。

 恐ろしくって。。

parotta.hatenablog.com

 

f:id:parotta:20191018161839j:plain

 

家族はインフル発症から気が付くのが遅くって・・・タミフルが効かない事がありました。そう薬が効かないと。。。

治りが遅い。。

2週間ちょっと熱が出たり下がったり。。。

スッキリ完治出来ずどこかでウィルスが悪さをするのかな。。。そんな感じの事がありました。会社にいけるだけの気力もなく。。。

本当に布団とお友達状態です。

良くなったと思えば、又熱がでてくるのですよね。。

 

 

 

 

耐性ウィルスの感染などと言われてしまうと。。マスク着用必須がもう冬場は当たり前になるのでしょうね。。。

 

プラズマクラスターなどの家電がまたまたヒットしてくるのかな・・・シャープの株どうなるのかな?マスク関連もくる?

 

www.hikarumijinko.work

 

 

 

 

スポンサーリンク プライバシーポリシー お問い合わせ